アップデートの方法

新しいバージョンとテーマを変える場合の方法です。

購入ユーザー限定ページ」にて「テーマアップローダー」プラグインを用意していますのでその方法を説明致します。

基本的な流れ

  1. 「STINGER系テーマアップデーター5」をダウンロード(無料)
  2. テーマアップローダープラグインのインストール(※PHP7以上必須
  3. 新しいバージョンのテーマをインストール
  4. 子テーマを併用している場合は有効化せずに終了(自動で適応されます)子テーマを使用していない場合は有効化

アップデートの方法詳細

有効化することでFTPツールなどを使用せずに管理画面にて簡単にテーマを新しいバージョンに入れ替えることが可能です。

「テーマアップローダー」プラグインによるアップデート方法

通常のWordPressのテーマアップロードは「同名のファイルテーマ」の場合はエラーとなりますが、このプラグインを有効化すると同名のテーマでもアップロードが可能になり利用中のテーマと入れ替えます。(旧テーマはリネームされ残るので後から切り替えることができます*)

tema

利用規約と注意事項

  • このプラグインを使用するにはWordPress4.9以上、PHP7以上である必要があります(※WordPress4.9.8、PHP7.2まで動作確認済み)
  • リネームされたテーマは再選択できますがカスタマイザーなどがリセットされます(フォルダ名を戻すことで同様に使用可能かと思います)
  • テーマは「上書き」ではなく「入れ替え」となります。
  • 無償のプラグインです。自己責任の元でご利用下さい(トラブルの責任は一切負いかねます)
  • 再配布、譲渡を一切禁じます

利用方法

プラグインの有効化

2016-12-09_16h08_33

「プラグイン」>「新規追加」でプラグインをインストールしたら「有効化」するだけでOKです。

テーマのアップロード

2016-12-09_16h03_59

通常のテーマをアップロードする際と同じようにテーマを新規追加でアップロードします。

2016-12-09_16h04_28

2016-12-09_16h09_09

インストールしたら有効化します

子テーマ利用時で親テーマをアップロードした際は有効化せずに終了します(自動で親テーマが変更されます)

2016-12-09_16h09_41

以上で完了です。同じテーマが並ぶので少し見にくいですがスクリーンショットをクリックするとバージョンを確かめられます。

2016-12-09_16h10_00

削除したい場合は②「削除」で古いバージョンを削除します。

補足

ちなみに削除する前は古いバージョンは以下のようにリネームされて残っています。

2016-12-09_16h11_09

新しいバージョンを使う時の注意点

  • 仕様変更など含まれる場合がございます。必ずご変更内容及び注意事項をご確認下さい
  • バージョンを飛ばしてアップデートされる場合も過去の履歴をご確認下さい
  • 変更後はデザインやAMPの動作等を再確認して下さい(AMPページが404となる場合は一度、パーマリンク設定を更新して下さい)
  • 子テーマをアップデートする場合はカスタマイザーがリセットされますので御注意下さい
  • AFFINGER5とEXのテーマ名は同じです。(同じテーマ扱いとなります)

おすすめプラグイン

親テーマ単体使用の場合や子テーマ自体のアップデートは現在のカスタマイザーなど設定が引き継がれません。予め、以下のプラグインなどでバックアップをお取りいただくことを推奨いたします。

カスタマイザー設定のバックアップ

Customizer Export/Import

参考Customizer Export/Importの使い方

CSSのプラグイン記述

Simple Custom CSS

参考Simple Custom CSS – テーマを直接編集せずにCSSをカスタマイズできるWordPressプラグイン

※上記プラグインはサードパーティーとなります。ご了承下さい

プラグインを使用しない手動によるテーマのアップデートの方法

上記のプラグインを使用しないで手動でアップデートする方法も紹介しておきます。

方法その①FTPソフトで上書き

2016-02-12_13h27_38

FFFTPなどのFTPツールでサーバー上のファイルを新しいテーマを解凍してから直接上書きします。

FFTPは開発終了となりました。WinSPCなどをご利用ください

ファイルは「サイトのURL/wp-content/themes/」の中にあります。

バックアップを取っておこう

2016-02-12_13h37_19

※古いテーマは上書きされてしまうので先に別の場所にダウンロードしてバックアップしておくか、フォルダ名及びスタイルシートの「Theme Name」を共に変更して上書きされないようにしておくと万が一の場合に復元できます。

方法その② 管理画面で変更する

※この方法はバックアップはとれません。

2016-02-12_13h17_11

一度、使用していない別のテーマに切り替えます。

2016-02-12_13h33_57

古いテーマを一度削除します。

2016-02-12_13h34_41

2016-02-12_13h34_51

2016-02-12_13h35_03

改めて、圧縮されたままの新しいテーマをインストールして有効化します。

※AMPを御利用の方はアップデート時に必ずAMPページが正常に出力されているか再確認してください。もし、404エラーになる場合はパーマリンク設定を更新して下さい。
※バージョンをまたいだアップデートの場合などにウィジェット設定内容がズレる場合がございます。ご確認下さい

便利なプラグインのご紹介

カスタマイザー設定のバックアップ

Customizer Export/Import

参考Customizer Export/Importの使い方

CSSのプラグイン記述

Simple Custom CSS

参考Simple Custom CSS – テーマを直接編集せずにCSSをカスタマイズできるWordPressプラグイン

※他社製品となります。ご利用は自己責任にてお願い致します

投稿日:

Copyright© 【公式】STINGER STORE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.